読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出張多めサラリーマンの日常

出張にまつわるトラブルや愉快な出来事などを備忘録代わりに綴るブログ

ブリ一貫10円!?代々木駅前の激安寿司屋に行ってきた

f:id:april23webshop:20150820223909j:plain「この写真見てくださいよ。これ、一貫10円ですよ。」と同僚から見せられた寿司の写真。

 

…って、10円かよ! うまい棒かよ!

 

なんでも代々木駅前に激安寿司屋があり、超特価10円でブリを注文できるとのこと。ブリが一貫10円…

 

これはすぐにでも潜入調査に行かねばと思い立ち、その日のうちに後輩を誘い、10円ブリの待つ代々木まで繰り出したのであった。

 

 

本当にブリが一貫10円なのか

場所は代々木駅西口のすぐ近く。西口改札を背にして右に曲がり、松屋を通り過ぎると、早速 天然ぶり 10円 という文字が飛び込んできた。

f:id:april23webshop:20150820224030j:plain

『本当に10円なのか?』という疑問は、すぐに吹っ飛んだ。

 

店に着いたのは19時過ぎ。まだ時間が早かったのか、店内には3人しか客がいなかった。店内には二人掛けのテーブルが2つだけある。片方のテーブルが空いていたので、後輩とそこに座る。

 

「どういうシステムなんだ、ここは?」と迷っていると、隣のテーブルに座っていた方が、「飲み物は注文するとテーブルまで持って来てくれますよ。お寿司は取りに行くみたいです。」と教えてくれた。

 

 

【本日の超特価品】という巧妙なフェイク

f:id:april23webshop:20150820224338j:plain f:id:april23webshop:20150820224411j:plain

 

本日の超特価品 ぶり 一貫 10円

この表示を見ると、特価品は日替わりで入れ替わり、今日はたまたまブリが安いのかと思ってしまうが、「本日の超特価 = ブリ10円」である。常にブリが10円らしい。


でも、店内の価格表示にはブリは通常200円と書かれていた。果たして200円のときがあるのだろうか。

 

”本日の超特価品は、ドリンク御注文のお客様に限ります”ということでとりあえずビールを注文。そして、恐る恐る「ブリを10貫お願いします。」と頼んでみる。すると店主が「はい。」と普通に返事をして握り始めた。

 

ビールで乾杯をしてブリを待つ。そして待つこと5分ほどでブリ10貫が到着。後輩の10貫も合わせて20貫のブリ。ブリブリブリ。

f:id:april23webshop:20150820224649j:plain

『でも10円って、これ本当にブリなのか?』という疑心暗鬼に陥りそうになるが、見た目は至ってブリ。気になるお味は…… 普通にブリ。うまい。

 

これが一貫10円とは恐れ入る。

 

 

女性客や外国人客も多く、回転は早い

外「アジハドウデスカ?」
た「(親指を立てながら)Good! Good!」
外「ソウデスヨネ、オイシイデスヨネ!」
た「めちゃくちゃ日本語上手じゃん!」

 

客層は会社帰りのサラリーマンが多いが、女性客もいるし、外国人の姿もある。カップルらしき男女ペアも2組いたし、ほんと客層は様々。

 

そして回転が早い。一人客の場合は、ビール+ブリ10貫をさらっと食べて帰るというスタイルも見受けられる。それで580円で済むというコスパの良さ。この安さなら隣で牛丼を食べるより遥かにいいと思う。

 

 

トイレは隣のゲーセン(SEGA)を使う

※注意 : お食事中の方は、この段落は読み飛ばしてください

この店、トイレは無い。狭くて、そんなスペースはないのだ。

 

「あの、お手洗いはどこでしょう?」と聞いたところ、「隣のゲームセンターのトイレを借りてください。」と店員。

 

マジかよと思いつつも、しょうがなく隣のSEGAへ入る。SEGAのゲーセンの男子トイレといえば、知る人ぞ知る”おしっこゲーム”(尿の勢いを競うゲーム)が設置されている。


いい点数を取ろうとすると、トイレを汚さない位置におしっこを飛ばさないとならない。放尿をゲームにしようと思い付いた奴、天才だな。

f:id:april23webshop:20150820225026j:plain

 

 

『損して得とれ』 10円寿司から学ぶべき商売の基本

10円のブリと飲み物だけ頼んで終了、が一番賢いのかもしれないが、実際ブリだけをひたすら食べるのも飽きてくるし、他のネタも比較的安いので結局色々と注文してしまう。そして、お酒もおかわりしてしまう。

 f:id:april23webshop:20150820225725j:plain

結果から言うと、自分と後輩の2人で4,000円くらいのお会計だった。客単価2,000円。

 

それでも十分安いのだが、ブリ一貫10円という衝撃の広告で客を釣り、最終的にはそれなりの客単価にする。そして、それだけでは終わらない。


「ブリ一貫10円」という言葉には力がある。最強の話の種として、口コミでどんどん広がっていく。『損して得とれ』を実践しているこの店から、改めて商売の基本を学んだ気がする。

 

 

まとめ

寿司(ブリ)好きなら、一度は行ってみたい。ブリ一貫10円のインパクトはあまりにも強いので、必ず話のネタになる。

 

あと、店名が気になると思うが、店の名前は無いらしい。なんてこったい。